大家2年目の会

サラリーマン

いかに将来の肥やしとできるか

社内のスタッフ面談を完了しました~っていうブログを書きましたが、その面談からみんなゴールデンウェイーを経緯し、休み、という経験で、今後ヘッドハンティングしてきた、新しく入ってくるスタッフの能力等を加味して、自信を成長させていこうとする人がぽつぽつ出てきました。

やはり若いっていいですね。自分の能力を疑っていないし、素直なものはどんどん勉強しようとするし、行動を起こそうとする。またあるものは、自分の今の仕事の在り方を疑い、もっと合理的に、簡単に、他の人に役立つ方法は無いか、とか懸命にそれぞれが考えだしている気がします。
もちろん個人差は色々ありますが、みんながみんな考えているのは間違いないかなぁ、と感じます。若い20代のメンバーは弊社には4名居ますが、この4名それぞれが、日本の産業界の宝になれるだろうし、なるように、わたしたちおっさん連中は支えて、引っ張り、自身を超えてもらわないといけないなぁと感じる次第です。まぁまだまだおっさんら仕事では負けませんけどね。

面談時に、大事なことは、主体性が持てるか、目的をしっかり落とし込めるか、優先順位が付けれるか?これさえできてて、あとは笑顔で素早く行動してたら、20代の才能は大いに豊かな世代になるだろうなぁと思います。

実は私を含めおっさんたちも、同じ評価軸で評価しているんですが、おっさんになると素直に聞けてても、あまたの思考回路がかちこちですね、行動が素直じゃない。。。体も衰え、筋肉もなくなり、思考も硬直化すると、もうこれは人間とは呼べませんなぁ、と自戒の念を込めて、改めて、笑顔で、人の将来に役立つように、今の自分をいかに将来の肥やしとできるか。そういう取り組みをしたいなぁと思いました。

不動産投資はこういう難しい事考えなくても、将来への投資になっているからいいですね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー