大家2年目の会

サラリーマン

不動産の費用対効果、時間帯効果

先日、とある人とお話していた際に出た一言です。

  Time is money. / 時は金なり

皆さんもご存知の通り、時間はお金と同様に貴重なものだから、決して無駄にしてはいけないという戒めです。
時間はお金と同じ様に無駄に費やすものではなく、有効に使うべきであるということですね。

その方がおっしゃるには有効に使うという観点もありますが、自分で好きに使える時間がたくさんある人というのも
お金をたくさん持っている方と同じ様にすごい幸せなことなのだと仰っていました。
私自身、どうしてもお金の方に焦点が行きがちで、時間を犠牲にしている面があった為、とても反省だなと思いました。

不動産投資でも、自身で管理する不動産の部屋の修繕、リフォームをご自身でされている方がいらっしゃいます。
DIYというものですね。
もしもDIYをすることが好きで好きで、自分でDIYをすることもセットで不動産をお持ちなのであれば、とても健全です。
ですが、出費を少しでも抑えたいが為にDIYをされるのであれば、それは自分の時間を削って行う行為です。
もしも不労所得が欲しくて始めた不動産投資でDIYをされているのであれば、本末転倒なのかなとも感じます。
 費用対効果だけを考えるとお金はたくさんあるけど、使う時間がない。
 時間帯効果だけを考えると時間はあるけど、お金がないから何もできない。
となってしまいます。
費用帯効果と時間帯効果、二つの観点でバランスをとりながら行動することが何よりも大事だと気付いたひと時でした。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー