大家2年目の会

サラリーマン

仕事の役割

クワドラントの違いによって、仕事の役割というものが変わります。
弊社はいまかなりの馬力を入れていかないといけないので、ほとんどのメンバーはビジネスオーナーのクワドラントに立ち、思考を変え、行動を修正し、結果を常に追い求めて、キャッシュフローを意識して、スピード感を上げて仕事に取り組まなければいけません。ほとんどの時間が仕事仕事仕事、なるわけで、ワーカホリック集団でないと、いけない状況になってきました。
取締役はみな、サラリーマンの感覚からすると、狂気の沙汰、かもしれないほどの過酷なスケジュールを、今から3年間は頑張って走り抜けなければいけません。
仕事=人生となるので、好きな仕事や嫌いな仕事、なんて言ってられません。すべては自分たちで取捨選択し、全ての仕事を自分の好きな仕事へと変容させていかないといけないのです。

ただし、何事もやみくもに突っ込んでいくのは愚策で、ある程度ほぼほぼやるべきこと、想定しうる問題点、を事前に把握しておかないといけません。そういう思考レベルでつまづいているようでは、もう先には進めない。そうならないようにある程度のロードマップを造っておく必要がありますね。

新しいメンバーが増えて、これから人生で最大のイベントと言ってもいいかもしれないことに、みんなでベクトルをそろえて、進ませたい。そのための第一歩をいま、着実に企画していっています。

アリストテレスの三段論法的に言うと
1)他人を喜ばせる方法を考えて出来上がると、めちゃくちゃ楽しい!
2)仕事とは、他人を喜ばせる方法を企画し、実行することだ。
3)仕事とは、めちゃくちゃ楽しい!

って感じかな?(あってる?)
要するに、楽しいのです。仕事人生が。今は。
そういうメンバーに囲まれて、仕事に着手できてます。

ぜひあなたも、そういう環境に身を置いてみてください。
先進的な人たちはみな、そういうギルドに属していく時代になりましたよ。
早く早く早く。行動を。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー