大家2年目の会

サラリーマン

安定的収益

疲れた。何事でもそうですが、何かの縁を創ろうと思うと楽しいですが、その創った縁を切ろうとすると、
いろいろと覚悟が必要です。少なくとも私は。縁に端を発した出会いがあり、出会いを重ねることでコミュニケーションが生まれ、
コミュニケーションと約束実行の連続が信頼を生み、信頼から安定的収益が構築されていくというのが、ビジネスです。
不動産投資の場合はそれが「商品」というものですべてがほぼ完結して信頼まで構築できるので、楽で早いビジネスになるわけですね。
そういう商品がないと、構築して作っていくためにはかなりの時間がかかりますね。
時間がかからないビジネスは儲けが薄いかまねされる可能性が非常に高いです。
そういう観点から考えると不動産投資は儲けが薄いといえるとおもいます、が資産規模が大きく、
通常の個人の感覚からすると収益額が大きいので、低収益率でもいいかなぁと割り切って取り組めるかたには、
大変おすすめです。

私が勧めるビジネスの在り方とは、まずはBゾーンビジネスを持つこと。
それは資産規模をベースとした収益構造の構築、です。その後減価しながら、もっと資産規模の大きなビジネスに取り組み、
自分の一個人としての存在価値を薄めて、資産と仕組みで稼ぐように持っていくこと。
そうなるためにはEゾーンの方にはかなりの精神力と未来を見通す情報理解力と収集力が必要になりますが、
大家2年目の会の勉強好きな面々でもかなり苦労していますね。

かという私も冒頭の一言、疲れた、となるような現象が多発していて、今からそれをすべて収束させていきます。
戦略構築と実行力をもとにやるだけです。当たり前のことを当たり前にやりきる力が、不動産投資でも必要ですね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー