大家2年目の会

サラリーマン

人と会うということの重要性

今、困っています。

そして、答えがなかなか出ません。

お仕事を進める際にどうしても答えが出ないことの一つが、移動時間の無駄の排除です。

本当につらいです。

今住んでいる箇所は神戸、大阪共に絶妙に離れている場所です。

立地で問題が発生するとここまで悩みが出てくるのかと、とても痛感しています。

不動産を購入する際にも立地はとても大事ですね。

移動時間の無駄を排除する為には、WEBミーティングと言うものが発達したので、どこでも会える!と感じていたのですが、やはりWEBを介して物事を進めると物事の機微、と申しますが、なんとなく、直接会って話していると感じる違和感に感じることが出来ません。

この辺り、私自身のコミュニケーション能力の不足、であると考えてしまうとそこまでなのですが、、、

どうしても大事な話は直接会って、となりがちです。

そう考えると協力者たちと常に会える、共通の作業場所、であったり居住スペースであったり、そういうものが充実しつつ費用も抑えるすべが無いものか、模索し続ける毎日です。

ただ、視点を変えてみると悩みのベースには常に不動産が関係していたりします。

不動産×〇〇でソリューションを考えると人間の根本部分の問題解決につながりやすいのかもしれません。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー