大家2年目の会

サラリーマン

不動産投資を進める上で必要なコミュニケーション力の成長

最近よく人に話しかけられます。
今までは開発職で仕事をする上で、ある程度チームでやり取りはしますが、最小限だけしか話すことはありませんでした。
それよりもパソコンとにらめっこ、開発機材とにらめっこが多い状況で、どこか近寄りがたい雰囲気がとてもあったと思います。
殻に閉じこもった状態ですね。

それではいかんということで、声のトーン、大きさ、話し方、言葉遣い、相槌の打ち方といった行動を変えることをしつつ、服装、髪形、目つき、笑顔といった外見も変えることをこの二年間ずっと続けてきました。
その結果、やっとコミュニケーション力が人並みにはなってきたのかな、といった所です。

東京で全然土地勘もないのに急に道を聞かれたり、芦屋のコーヒーショップで作業中に隣の方に話しかけられて、いろいろと話しているうちに打ち解けて雑談に突入したりとそのほかにも色々とあったりします。
恥ずかしながら、「話しかけやすい男性の特徴」、とかでグーグルで検索して記事を読みつつ、こういう風に今は見えいているのかな?とにやにやしてみたりしています。

大家2年目の会では、本気で頑張れば不動産投資、大家業に関係ない所でも成長が出来ます。
それは、必ずしも現在のサラリーマンとしてのお仕事に良い影響が出ないものかもしれませんが、それでも何かしら人間としても成長することが出来ます。
ふと、過去を振り返ってもう一度現在を見つめた時に気づいた自分の変化です。
是非ともあなたにも良い変換が出る様に、一緒に不動産大家業、進めていきましょうね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー