大家2年目の会

サラリーマン

仕事を楽しく進める方法

仕事を楽しく進める方法。それは気の合う仲間と苦楽を共にし、長期的な関係を目指して、必死で切磋琢磨して、お互いがほめあいお互いが指摘しあい、一緒の時間を過ごす、ということが大事ですね。
会社対会社の付き合いではなくて、個人対個人の付き合いで、継続的な関係を築き、それがたまたま会社という組織に属している人であった、というお付き合いの仕方が、最も楽しく仕事ができるコツだと思います。

そうしようとしたときに、役職というものが非常に邪魔になってくると思います。でもE,Sゾーンで役職がないというものも非常におかしいですしね、さぁ概念的に困ったもんだ。さらにいうと、楽しく仕事をしようとする人ほど、役職は呼ばないようになっていきます。そして役職をつけてないのに、別に嫌がられないし、むしろ喜ばれるような関係性が築ける人がうまく楽しく仕事をやっていきますね。
一方で仕事をしなければいけない、と考えている人ほど、自分の役職を高めようと、躍起になり、逆にそれによって楽しく仕事ができないという状況になったり、相手方の名前すら呼ばず役職で呼ぶようになっていきますね。

極端な例ですが、刑務所では囚人のことを番号で呼ぶようです。番号で呼べば情もわかず、合理的に取り扱えます。もう、モノですね。これはシステムとして必要なのでしょう。
ですが、私たちは刑務所にいるわけではないので、情がわくように、行動をしつけていったほうがいいですよね。
同じ仕事をやるにせよ、楽しくやるのとつらくやるのとだったら、楽しいほうがいいじゃないですか。

楽しい大家業を営みましょう。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー