大家2年目の会

サラリーマン

思考次第

何かとストレスがすごいです。やるべきことをやりながら状態、やらなければならないことが膨大、で人的リソースにおいてはスキルが必要ものばかりになってて、レイヤーを変える行動を全員に徹底する難しさを味わっています。

武智分身の術をたくさん使いたい状況。でも武智じゃないとできないことが多すぎる状況。これをどうブレイクダウンしていけばいいのか。。。

マニュアルを作って伝えるとかも大事だけど、そのマニュアルが完璧であることはなく、更新する能力や更新の仕方をみんなが身につけないと一向に習熟度が高まらず、なかなかノウハウが身についていきません。だからマニュアルも作っても誰も運用しなかったりします。となると無駄な仕事をやっていた、ということにもなり更新する、改善する、記録するという仕事の大切さをどう教えたらいいのかなぁと悩んでいます。

フランチャイズチェーンを展開していくとより大きな問題点にもぶち当たります。悩みはつきませんが、考えて行動あるのみ。歩を進めていきます。

これはまさにクワドラントチェンジを果たせるかどうかの勝負なんだと思います。Eゾーンの中でも、人の思考レベルに差があるように、何もかもは思考次第なんだろうと考えています。各ゾーンでのレイヤーを変えていけるかどうか。それを把握しておくことが私にとって今は大事なことですね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー