大家2年目の会

サラリーマン

自分の行動の棚卸し

今、サラリーマン時代にお前はこれがダメだあれがダメだ。
だから違うことで頑張れ、と言われてたことを一つづつやり直しています。

簡単に言うとメンタルブロックを外すことをやっています。

それは、
・不得意ジャンルには手を出さない
・お酒が弱い
・他人に興味が持てない
等々軽いものからもっと重いものまで様々です。

外す、と表現すると簡単に聞こえますが、実際に行動するとなかなかに大変です。
そこを克服しつつ、今しなければ行けないのはサラリーマンの考え方を経営者のそれに変えていくことです。

これが出来ないと不動産投資、その中でも大家として家賃収入で収益を出すのは非常に厳しいものになります。
そういった意味も込めて、大家2年目の会では不動産大家業と表現しています。

この考え方を保つために必要なのは、身近に経営者の考え方を持った人がいる環境を作ることです。

それが出来ないと今後、不動産投資で収益を上げるためには難しいかもしれません。

そんな人、いない。と言う方はそう言う人たちが集まる場所に飛び込んでみるのもいいかもしれません。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー