大家2年目の会

サラリーマン

不動産投資を新しく始めるために

何か物事を始める際には、ビジョンが大事とよく言われます。
今、不動産投資を始めようとされている方はこのビジョン、お持ちでしょうか?
更にはビジョンを持つ場合、ふんわりとしたイメージで持つよりもより具体的なイメージにした方がよいとも言われます。
経験があるとこのビジョンはとても具体的に見えやすくなります。
そしてビジョンが大事と言われるのは成功のしやすさにも直結してきます。
だから、何かを始める際には経験がある分野での方が良いと言われますよね。

サラリーマンをしていることが長いと、この経験の多さを、無駄に多いだけ、とか自分の持っている経験なんて一般的で、、、
とか仰る方が多いです。

最近サラリーマンを辞めて感じたのですが、大したことがないと思っていた自分の能力が実は社外に出るとすごい能力の高いものであったり、そういうことに気づく機会が多くなります。
きっと自分で良い悪いを考えるのが一番厳しいのだろうなと感じ、第三者的に見てくれる人がいるととても助かります。

幸い、私には、会のメンバーであったり講師であったり、いろいろと自分のことを相談できる人がいます。
そういう人たちと、自分の経験のない分野の話であれば、その経験に強い人を読んで一緒にビジョンを描いたり、一緒に話をしながら、自分のスキルの棚卸をしたりと現状認識をさせて頂いております。
何か始めるには仲間がいればこそ、ですね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー