大家2年目の会

サラリーマン

後戻りできない25年

サラリーマンをされてる方で転職の経験がある方は、再度の転職に対しても抵抗は小さいのかもしれません。しかし、初めての転職となると、やはりなかなか思い切りが必要なことになると思います。

私は新卒で就職して以来、同じ会社で15年お世話になり、その間、選択肢に上がりさえしないくらい転職に対しては抵抗がありました。

周りの同世代(40歳前後)に話を聞くと、私と同じように転職経験がない方は会社に不満がある場合でもその先に転職や職場環境を変えるといった選択肢(というか発想)がないことが多く、また逆に若い間に転職経験がある方は転職や自立起業など様々な選択肢を想定として持っていらっしゃる場合が多いです。

ただ、40歳前後となると労働環境を変えるリスクは当然よく想定されており、家族・家庭を持っている場合はその傾向が更に強くあります。労働環境を変えて(主に経済的に)家族に苦労をさせずに自らの働きかたを改善できるか、と言うことは当然ですが、定年を迎えて年金が受けられるまでの25年前後の間までをカバーできる選択をする必要がある…と言う意識があります。というのも40歳を超えると転職するには難しい年齢にもなってきますが、さらに50代で再度の転職となると大幅な条件悪化になってしまうかもしれませんし、そもそも自身がその環境変化に耐えるには年齢面で難しいという考えもあり、次の転職という選択肢はないという意識があるからです。自らではどうすることもできない時勢の変化にも耐えられる選択をしなければならない…とまで考えられる方も中にはいらっしゃいます。ここまで考えると40歳前後での決断は後に続く25年を生きる後戻りできない決断になると意識せざるを得なくなります。

さて、私が持つ不動産大家業の認識は以上の緊迫感を和らげる一手になると捉えています。

先ずは経済的な不安の大部分を和らげることができるので、働き方・環境を変えることに関するリスクを低減することができます。心配することなくいろんな働き方にチャレンジできる…ポジティブな言い方をするとこう表現できるかもしれません。

また我々がお伝えする不動産大家業に必要な要素として経営力を挙げていますが、経営力を身に付けることで時勢の変化にも耐えられる、さらに言うとそれに乗って成長促進できる戦略が採れるようになるので、自らではどうすることもできないと捉えていた時勢の変化は追い風にすらなります。

このように不動産大家業はその先の選択肢を拡げるはたらきをします。ただしそれは”適切な”不動産大家業を進められることが大前提です。

将来のための選択にお困りの方、選択肢を増やすお手伝いが大家二年目の会はできるかもしれません。いちど無料セミナーでお話をお聞きいただければ幸いです。


このページのトップへ戻る

メニュー