大家2年目の会

会社

新規ビジネスの取り組み方

資金が足りないけれども、不動産が欲しい、ビジネスがしたい。そういう思いって皆さんが持っていると思います。実はこれ、金持ちと思われている人も一緒です。資金というものは常に足りません。足りるときは自分の欲望のレベルをあえて抑えているときのみ、です。欲望が強ければ強いほど、その人のステージにおいて大きいことをしたくなるからです。自分を成長させようとすると、必ず資金は足りなくなります。

パートナーとそういう話をしてまして、新規ビジネスを立ち上げたい人がいるけれど、その新規ビジネスは誰もやっていない可能性が高くてどれだけお金がかかるかわからないから、まずは不動産でキャッシュフローを安定させてから備えた方がいいですよね、的に言われたので、叱ってて、このブログを書いています。

パートナー向けに書いてしまって申し訳ないですが、皆さんも同じような立場になって人からアドバイスや協力を求められたとき、同じような目線を持っていてもらえれば、と思います。

1 新規ビジネスの相談を受ける、ということは素晴らしい事です。あなたを頼ってきていると思いますし、そう思っているということは何らかの役に立つはずです。後は自分がやるかやらないか、だけなのです。

2 新規ビジネスでまだ誰もやっていないことをやることは、危険です。素人が新規ビジネスに参入することはお勧めしません。競合がある程度いる市場で頑張った方が、事業自体の成功はしやすいです。特にサラリーマンから脱サラしてやる場合は、真似れる事業をやった方が良いです。止めてもやろうとするのなら、事業をつぶしてやろう、くらいの検証と、それに対する対策を一緒に考えることです。基本は成立させてやろうと思って取組みはしますので、前向きに、全ての落とし穴や怪しい要素を検証するのです。これを共にしないとただの批判化に終わってしまって、二度と信頼は回復しないでしょう。まず間違いなく、私は真剣に叱ってくれる人と相談しますし、それでも前向きに取り組もうとしてくれる人とだけ、付き合うように最近なってきています。

3 あなたにとっての新規ビジネスは、取り組まれるのなら、キャッシュアウトを覚悟する必要があります。だからなるべくキャッシュを使わない方法で事業を検証して、ライトに始めることを薦めます。そのためにかかる経費の多くは人件費ですが、これは当面2年くらいの利益は、協力者にあげてしまう位の覚悟をもって臨むことです。他人の協力なくできる仕事なら、拡大化はできず、Sゾーンクラスの仕事であるとわきまえて、一人でこつこつやればいいです。

最後に、そういうビジネスを簡単に超越してしまうのが不動産大家業ですが。早く法人の実績を積んで、増収増益を継続し、不動産をさくっとかう、というのがいいでしょうね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー