大家2年目の会

会社

会社の売買を見届けました

不動産の売買とは関係ないのですが、会社の売買を見届けました。

ちなみに弊社のことではないので、ご安心を。会社の経営には、創業者や創業者一族の想いがめちゃくちゃ込められています。そのため、売却をするとなると、私情が思いっきり絡みますね。最初は誰でも売る側の人が怒ります。買う側は、気持ちよく買わせてもらうために、色々と気持ちの面で組もうとしますができる対価としては値段を出すだけ、ということしかできない。後は従業員の雇用関係とかその他もろもろ、、、

不動産も似たようなことが多くて、先祖代々の~~とか、いうことがおおいですが会社の方が非常にいろんなことを考えないといけないから難しいですね。でも、これからは会社のM&Aがどんどん増えますし、私たち不動産大家さんとしても不動産を直接買うより、会社ごと買った方が安かったりもしますから、決して他人事ではなくて、M&Aを理解しておかないといけないでしょうね。

というわけで、最初は私も興味本位で会社売却に携わっていましたが、結局はこのスキルは私にも必要であると、ということを認識させていただきました。そして、会社の売買は不動産よりもある意味、時間との勝負、という側面もあるとわかったので決まるときはあっという間である、とも思いました。

非常に興味深い体験でした。
いずれ体系化できれば皆さんにもお伝えしたいと思います。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー