大家2年目の会

会社

クワドラントゾーンの変更

クワドラントゾーンの変更は大変なストレスです。

弊社はトラベルハウス事業がSゾーンからBゾーンへと完全移行をしようとしています。まさにビジネスモデルに共感していただき、一緒に成長をしていく仲間を募集しており、続々と、まさに続々と加盟希望者が集まってくださっています。中には、人生を達観されており、かつ人間的にも素晴らしい人も多くいらっしゃり、笑顔が皆さん素敵です。「私が自慢したい人たち」がどんどん増えています。そういう方々と今後ビジネスを一緒に共有できるありがたさ、はなんともいえないものがたくさんあります。小田和正ではないですが「言葉にできない」なにか、があります。

それが私には意外な形であらわれました。

2週間ほど続く微熱・発熱・下痢・筋肉痛などなど。同時に花粉症にも悩まされていまして、くしゃみ、目のかゆみ、鼻炎、となかなかの状況です。

素晴らしい人たちと付き合う、それも一緒の目標を持ってともに成長しようとレベルやキャリアが違う人同士が付き合う。ちょっとおこがましいけど、「稼ぐ」という意味ではハイレベルな面々とつきあう。これに弊社のメンバーで大丈夫なのかどうか、みんなが外部が期待する以上の成長をしてビジネスパートナーを安心させられるか。もう、自分だけの能力ではどうにもこうにもいかんぞ、とたくさんの期待と不安が入り混じり、自分が選択してきた、「現在」のプレッシャーを頭は大丈夫だ、と言いながらも体や精神的なことの方が、大丈夫か、と問いかけてきています。

大家業はそこまでのストレスは正直ありませんでした。これが装置産業のいいところ。まずは皆さん、大家業から始めていただいて、Bゾーンに馴染んでいく、というプロセスを踏んでもらったらいいと思います。

私がやっているトラベルハウスBゾーン化は、うまくいってても、なかなかのストレスです。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー