大家2年目の会

会社

かぼちゃの馬車問題

かぼちゃの馬車の問題は、事件レベルになりつつありますね。
これはスマートデイズさんが一応責任があるということで、問題の受付窓口はこの法人さんになるわけですが、どういうわけか、スルガ銀行さんにも飛び火し、そこから各金融機関へと大きく炎上しています。
金融機関さんがビジネスモデルを精査しなければいけない、とか、そんなことできるわけ無いようなことを色々まわりの関係者たちが金融機関さんに責任を押し付けようとしているので、金融機関さんとしてはそんな無理難題押し付けられたら困るわけで、融資に対して消極的姿勢になっていきますよね。普通に考えて。

個人的な意見としては、スルガ銀行さんは積極的に顧客のために一生懸命リスクを取りに行ったと私は思っています(ぜんぜん大家2年目の会ではスルガ銀行さん使わないですが)。理由は私なら、どう考えても融資できない案件を彼らは扱っているからです。

そういうリスクマネーを供給したスルガ銀行さんみたいな会社があるおかげでオーナーたちは不動産オーナーになれたわけで、夢がかなっていますしね。ただ、そこにリターンがついてなかったことはスマートデイズさんのせいであり、スルガさんのせいでは無いと私は思います。

かなりスルガ銀行さんを私は擁護しますが、擁護基準は、スルガさんが道徳的に悪いわけじゃないと
思っていることと、自分ならできないことを実行しているビジネスセンスをたたえて、擁護しております。不動産投資融資、どんどん厳しくなるでしょうね。ちゃんと大家2年目の会の投資基準に切り替えていった方が良いでしょうね。。。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー