大家2年目の会

会社

財務が分かる人

工場を取得して、引き渡しをしていただきました。東証に上場している法人さんから買い受けましたので、おそらく運がついているはず。いい土地になるだろうなぁと想いを入れて地元に貢献していこうとおもいます。引き渡していただいたので、さっそく再度観てきましたが、膨大な広さです。こんな広さの雑木林刈れるのか。。。

お金が無くなったら、ここに家建てて、すめるなぁとかもうなんか土地があると心が落ち着きますね。何の事業をやるにせよ、継続的な仕事をしよう、継続的なビジネスを仕しよう、と思うと土地というものは非常に大事になりますね。土地は財務諸表上でも「不」動産であるため固定資産に該当し、減価償却の対象外です。ここが面白い。

財務がわかる人は、減価償却をとりあえず理解している人、と私は思っていますが、まぁそれは第1段階の理解でしかすぎませんね。できる財務マンはそこから派生するキャッシュの量や、将来的な固定資産の付加価値額の現在価値評価とか、利率割引とか、膨大なことをして今のキャッシュ残高を高める工夫と計算をし出します。当然ですが私もそういうことをしております。

そのための投資計画であり、やってみるとバラ色のスケジュールです(笑
そうなるように努力することの大変さが、関係者からすると、まじまじと感じられることですが。でも皮算用状態でうまくいくなら、きっとある程度のノイズこそ生じてもうまく生かそうとする人が居るなら、上手くいくはずです。

製造業JUSETZマーケティングとして次にすすんでいきまーす。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー