大家2年目の会

会社

本当にやりたいこと

弊社は今期は卸売りの会社をしっかりやり遂げます。そして来年度は、製造業の会社としての側面を際立たせます。再来年にはITの会社へと変貌させます。
といっても、これは何もすごいことでは無くて、今の目の前の仕事を一生懸命するだけで、どんどん必要になっていって、それが投資回収に合うから、やっているだけの話で、ごくごく自然な流れです。レガシー企業と大きく違う点は、業務範疇が今までのくくりではくくれなくなっていること。こういうちょっとわけわからん、見えない点を、組織文化にまで落とし込め出せた、という気がしており、これは付き合ってくれている顧客からは変な会社、と映っているようです。

今日は久々に、卸の売り先の社長と打ち合わせをしてきましたが、不動産、建築の世界は市場は広いですが、有力プレイヤーは少なくて、兵庫神戸なんていうちっちゃなエリアでは、すぐに噂が広がります(みんな夜の世界大好きですから)。

で、弊社はどうも、ただの卸ではない、という認識を業界の人たちがすべて認識してくれているようです。といっても弊社のことを知っている人だけ、の話ですが。

弊社は卸の会社としては、際立って異常性を示す点がいくつかあります。
営業が居ないこと、にもかかわらず会社をピカピカにして目立たせていないこと、看板とか公告をほとんど活用していない事、レガシー産業に位置する会社で知識や経験をかなり必要とする業界なのに若手比重がかなり高い事、小っちゃい会社なのに、どんどん融資付をする力があること、社員の半数以上がいつも会社に居ないのに猛烈な勢いで業務が進んでいっていること、と変なことだらけ。前職から比較するとおかしいところだらけです。

でも成長させれたし、今後は急成長を描くだろうなぁと、未来が読める。これが私にとっては非常に新しい感覚。もうちょっと経年させて、ある程度の事業基盤を恒常的にできれば、もう私はある程度オペレーションには不要になるでしょう。

早くそうなって、本当にやりたいことを、みつけたいなぁと思ったりしますが、でももう既に本当にやりたいことをやっているような気もします。好きを仕事にすると失敗しますが、「仕事」が好きになれるこの感覚を大事にすれば、いつまでも楽しいのかもしれないなぁと思って今日も仕事してます。

ま、打合せっていいましたが怒られただけですけどね(泣


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー