大家2年目の会

会社

前に進み続ける為に癖づけること

仕事上で問題が連続的に発生する事があります。
そうなって来ると自分がダメな人間ではないかと思ったり、このビジネスはダメなんじゃないかと思ってしまいます。
いろいろと追い込まれた感覚は、心の余裕をなくし、他の仕事にも影響を及ぼしてしまいます。

こういった負のスパイラルに入るとなかなか抜け出せないですが、それでも前に進んでいかないといけません。
前に進むためにも試したいのが「リフレーミング」です。

リフレーミング

  ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ること

要は、声の大きい人を元気があると捉えるのか五月蠅いと捉えるかの違いです。
もっと具体的にするとポジティブに捉えるかネガティブに捉えるか、です。

負のスパイラルに入ると良いことでも悪い一面だけが見えてしまい、その場で足踏み状態になります。
これでは、前に進めません。

負のスパイラルに入っている時には、自信も無くし、ある種、心が折れかけている状況かと思います。
そうなるとどうしても目の前の景色がすべてネガティブに見えてきます。
考え方を変え、行動を変えることで気持ちは変わっていきます。

今の良くないと思う状況を意識的にポジティブに切り替える様にリフレーミングを活用していき、前に進む力を得ることが出来れば、あとは結果が出るまで行動し続けるのみですね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー