大家2年目の会

会社

新しい仲間

弊社に新しい仲間が加わりました。初めての外国人採用です。
1年以上前から一緒に仕事したいなぁと思っていた人だったので、想いが伝わり、タイミングもあって、ラッキーでした。彼はITに精通していることと多言語を駆使できることが非常に強みだと思います。これを機に弊社も最低でも日本語と英語はビジネス的に使えるように、スタッフに多言語習得のチャンスを得てもらおうと思います。

日本語を話せる人が世界で見てどんどん減ってきています。
1つのITプログラミングを創りたい、いまやっている作業をRPAしたい、と思っても全ての言語ベースが英語。もしくは中国語。私は当然ですが日本語しかできず、日本語でインターネットで検索してもそのような先端的プログラミングはヒットしません。そもそも世界から見放されてるぞ、JAPAN。ということで外国人の方が入ってきてくれたことは弊社にとっても大きなチャンスになりそうです。

弊社はまだまだ日本をフィールドとして活躍していかなければいけない状況の会社で、グローバル展開をしていくと、絶対に失敗します。弊社じゃなくても一部上場クラスでも失敗しているので、そういうことは今はやりません。

まずは少人数でも多数の業務をさばけるようなIT化、AI化、IoT化を促進し、なるべく人を増やす前に合理化を進めておきたいなぁと思っています。

私は英語のみならずこれからプログラミング言語も理解しないといけないですが、楽しそうな未来しか見えませんね。社会から求められる仕事を、創りだせる幸せ。このIT化の恩恵は、不動産テックで弊社独自に生み出していきます。恐ろしい生産性を発揮するでしょうね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー