大家2年目の会

会社

目先の利益を取る? それは機会損失となりはしないか?

楽天市場やYahoo!ショッピングなどに代表されるネットショッピングのポイントって気にしますか?
我が家は大変それに左右されています。
例えば5のつく日ポイント5倍や、買い回り10店舗でポイント10倍などなど。
実際期間がぴったり合うと40倍越えなど信じられないポイントが加算されますよね。
なので、欲しいものをお気に入り登録しておいてポイント倍増期間がが来たら一気に買うというのをよくやって、加算されたポイントに妻などはほくほくしています。
実際貯まったポイントで小額な消耗品等を購入しているので助かりますしお得にはなっています。
しかし失敗がない訳ではありません。
そういう面で私とはちょっと温度差があります。

例えば
シャンプー残り少ないけど、買い回りは3日後だしそれまで買うのやめようかななんて言いながら実際切れて結局近所に買いにいったり、またある時はお気に入りに登録していたもののそれまでに売り切れてしまったり。

妻に言わせれば「まあしかたない、ご縁がなかった」で割り切るのですが、私からすれば「それは機会損失ではないのか?」となる訳です。
無論、手堅く買い物をしてくれるのでありがたいと思っています。ですがポイントに固執しすぎ、必要なものが手に入らないのは大きな痛手です。
それに期日までにその商品が手に入らず別のアクションを起こさねばならないのはストレスではないでしょうか。

また私はどうしてもそれを不動産投資に置き換えてみてしまいます。
早く売り切ってしまいたくてダンピングし、その後正当な価格で購入したいと声がかかるが物件がもうない。
さっきのポイントの話とは逆ですが、要は目先の利益を追って、本来得るはずの利益を得られない。
いうなれば儲け損ない、機会損失です。
不動産投資は駆け引きが必要になる事柄ですが、こういったことが多々あると思います。
そうなった場合機会損失を生み出さないように学んでいくことが大事ですね。
また、目先の利益が必要なこともないとはいえません。判断する力も身に着けていきましょう。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー