大家2年目の会

会社

ONE For ALL

大家2年目の会のメンバーが私の知らないところで自主的に研修センターで集まっていました。
みんな遠いところなのに、来てメンバーを助けてくれていました。善意のチームワークができています。私は仕事抱えすぎてて、いま手伝うとかなりやばいので、ずっと後ろでみんなを無言で応援してましたが。

非常にいい感じの輪ができていました。参加していない私は、心苦しくさえ思います。それくらい素晴らしいチームになっていました。
まさにONE For ALLの精神です。ちなみにみんな無償で来ていると思います。助けてもらったメンバーはのちにこの恩を何らかの形でもらった以上に返さないといけないでしょうね。これが返報性の原理です。逆らうと、報復性の原理も働きますから。人に与えて与えて与えるのが、Bゾーンの役割です。でもEゾーンの人がBゾーンになるその前には、たくさんの何かをみんなからもらってある境界を突破しないといけません。だからまず何かをもらえる人たるものに、なっているのかどうなのか、が重要だったりします。

鶏が先か卵が先か。

難しい問題なのですが、鶏も卵も同時に創らないといけないのが、クワドラントチェンジの肝です。
どうすればよいのか。
それは3か月くらいのタームを設定して、その3か月で、一気に凝縮して恐るべきタスクをやりきることです。テスト勉強の一夜漬けと一緒です。それのもうちょっとタームが長くて、量が多いだけ。テストや受験勉強なんかの比じゃなく、経済的プレッシャーや時間的制約が大きいですけどね。

たった三か月。

それだけで人生は大きく変えれます。

さぁ今回この輪の中心にいたメンバーはすでに経過1か月半。あと残すところ1か月半で、クワドラントを変える。それくらいの意気込みで臨んで、不退転で行動を起こす。そうすれば誰かしらに影響を与え、自分の成長にもつながり、新しい興味関心の輪ができ、儲けることなど簡単になります。

もうちょっとだ、頑張れ。私にはあなたが成功することしか、もう見えない。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー