大家2年目の会

会社

生産性がおちる、、、

忙しいの度合いを超えて、意味不明になってきました。
昔も忙しかったんだけれど、それ以上に忙しいですね。仕事はやればやるほど、仕事が増える。それをいかに生産的な仕事にしていくか、同じ仕事をしないですむように整えていくか。そういうことを考えていかないと、だめだ。人に自分の代わりにやってもらっても、より生産性は落ちるだけだし、で、IT、AIしっかりやらないとまずいな。

というわけでどんどんIT担当にいろいろな取り組みをしてもらっていますが、孤高の戦士状態で、ストレスいっぱいになっているかもしれない。言うは易し行うは難し、というのがIT業務の典型。人がやれば単純に住むことでも、一応ほぼすべての行動規定を網羅的に把握してそれらすべてに01をつけていかないといけないわけで、大変だろうな。今はそれがある程度パッケージ化されているだろうから、昔よりはソフトウェアは作りやすいだろうけれどそれでも把握するのに、中身は見ないといけないわけで、大変ですよね。。。

ってわかっているけど、いろいろモノ申して、突っ込んでいます。スタッフからの要請も強くなっていくし、あれもこれもそれも、とやっているに違いない。でもね、私もっと忙しかったり、予想だにしないトラブルとかも勝手に発生するから、大変なのよ。。。と、わかってくれているとうれしい。

わかってくれていると勝手に想像して、先先自分の仕事を進めていきます。それにしてももう、曜日の感覚はとっくにないな。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー