大家2年目の会

会社

資産を育てる

大家2年目の会がまたあたらしい取り組みをすすめていきます。
月次のセミナーでのなかで、スピンオフしていった事業がたくさんあり、それらが不動産投資をより有益にするために全部結びついていっています。そういう活動は県からも、国からも褒められる取り組みが多くて、空き家問題を解決しようとしてたり雇用を創出するような取り組みになっていたり、と社会的問題解決にも一役買っています。

だから、助成金がもらえるんですね。よかったねもらえたメンバー。結構ありがたいですよね。これをチャンスとしてより一層収益を増やすためにも「資産を育てる」という思考をしてもらっていくとどんどんBクワドラントに移行できていくと思います。ちなみに、助成金がもらえる会社さんは格も正直上がります。金融機関さんからの融資の促進も進み、今のような融資環境下ではどんどんとニューマネーがあなたの会社にだけは落ちていくと思います。

またほかの助成金も発表されていますので、もらえる者はいただいてより社会に貢献できる会社を大家2年目の会のメンバーから創出できていけば、より有利に融資が受けれると思いますし、結果よりよい不動産の取得につながっていくと思います。

他の不動産投資家は絶対できないようなことを、実現していく大家2年目の会のメンバーたち。これからの取り組みがなお一層社会から期待される。そういう事業を構築しやすいのも、大家2年目の会のメンバーの予期せぬメリットでしょうね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー