大家2年目の会

会社

マーケティング会社

人とのつながりってありがたい。台風でいろいろと被害があって、インフラ自体には問題はないのだけれど、物流や下請けさんの設備に被害が出ていたりで、サプライチェーンがずたずたですね。というわけでいろんな人に助けを求めて動いているわけですが、そういうときって人にすがるしかない。インターネットで告知しているだけで仕事が成り立っているところは、おそらく結構大手以外はサプライチェーンが断絶してて、私たちと同じように人づてで助けを求めていることでしょう。IT企業っぽく見せてはいますが結局は広告宣伝をWEBやSNSに傾注しただけのマーケティング会社である、という実態がほとんどなのでしょう。

弊社もマーケティングというワードを企業体に入れている会社なので、マーケティングは重視していますが、ITも重視をしています。ですがこの2つの要素は、結局のところ、ゼロ→1をする仕事ではなくて、1→10とかそういうことをする要素にしか役に立たない。今回の台風のようにゼロやマイナス、みたいになってしまったら、もう全然役に立たない存在になります。
こういう機会を得て、自社のポジショニングをつくりかえていくことが大事でしょうね。

そう、ちょうど昔の震災時にLINEが大きくシェアを伸ばしたように、そういう人知をこえたところでパラダイムシフトは発生するんだと思いますね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー