大家2年目の会

会社

重要なコミュニケーションスキル

新規提携先の社長とお二方とお会いしてきましたが、お二人とも同じような質問をしてこられましたので、これを教訓に、弊社のスタッフにも同時に問いかけとして、ブログに記載したいと思います。

社長は58歳の方、65歳の方とお二方とも、サラリーマンなら定年の時期くらいです。でもお二人ともバリバリ仕事をする気満々で、非常に精力的で、パワフル。筋骨隆々とかそういうわけではなくて、目がしっかりしているんです。初対面の私を全然年齢で差別することもなく、いろいろな会話をしてくださりましたし、私もできる限り自分が経験してきたこと、目標としていること、想いなどできるだけたくさんのことを少ない言葉で伝えてきました。お二人もめちゃくちゃ忙しく、わずか1時間くらいの時間しか会話はできませんでしたが、お二人とも、本は読んでいますか?ということを聞かれました。

大家2年目の会のメンバーは私がどれだけビジネス本中毒か、ということはご存知だと思いますので、言うに及ばずですが、書籍は非常に大事である、とお二方ともおっしゃります。そして私が重ねて返答することは、書籍を読むことは当然であり、実行することのほうがもっと重要だと思っていて、それを必死でやっているだけです。自分は頭が悪いので、書籍を読んでまねすることしかできないのですが、それが大事だと痛感しています。さらに言うならスピード感を上げること、がセンスとして必要かなぁとも思っています、と。

そういう会話が最後のほうでなされて、タイムアップ、となりましたがお二方の会社と、今後より発展的になるように合弁会社を創る可能性が高いです。その場でジョークかもしれませんが、お二人とも「武智さんとは合弁会社を創ったほうがいいやろうなぁ」と小声でぼそっとつぶやいてくれました。私はニコッと笑顔で「ぜひ」とささやき、お別れ、とさせていただきました。

私は彼らにあこがれと尊敬を抱き、彼らを超えることが今日の出会いとこれから始まる仕事の恩返しであると思っていますし、彼らは私と仕事を通してより良い未来を創っていけると期待してくれていると思います。微力だけれども確かな前進を。どういう形でスタートするかはわかりませんが、どういう形でスタートしてもよいように、知識と経験だけはたくさんいろいろ深く身に付けておくことが大事だと思います。

よどみなく口からたくさんの数少ない凝縮した言葉をだせるか、が時間のない方たちとの重要なコミュニケーションスキルだと思いました。

さぁ皆さん何かテーマを決めて、会社や自社の利益に貢献できるスキルや経験を積むための、努力はしていますか?目の前の仕事や、思考だけで具体的な行動を人のせいにしてしていなかったり、していませんか。
思い当たるなら即改善して、まずは本を一冊、手元にとってみてください。その本が今あなたが関心のある一冊であることは間違いなく、書籍は少なからず良い方向に人生を運んでくれるものです。わずか2000円程度の投資を渋らず、進めてみてくださいね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー