大家2年目の会

会社

金持ちは金持ちとしか付き合わない理由

ようこんなに準備時間なく打合せやら決定事項やら、やってるなぁと自分の仕事のスピード感覚にちょっとびっくり。といってもこれおそらくですが私、普通の経営者としての臨界点をある程度超えたなぁ、と感じております。どんなビジネス的な話が来ても、たとえ経験したことのない異業種であったとしても、どんどんその場で血肉化できる力と、次の課題の設定と、その課題の役割分担が、さくさくっとできるようになっています。つまり、準備をする必要なく、その場で思慮決定反省実行依頼が出てきているっていうことです。
また、打合せする先の人たちの能力もがんがん上がっていて、私と付き合える人たちが、もう実際にかなり設けている社長さんくらいしか付き合えないようにもなってきていると思います。

あぁこういうことか、金持ちは金持ちとしか付き合わない理由って、って妙に納得。
情報量と経験値とリソースがある一定以上にそろわないと、どうにもこうにも歩むスピードがそろわないんだ。
つまり遅い奴と歩くとイライラする、っていう感じになるので、ストレスを極力省く。すなわち金持ちとしか付き合わない、という感じになってくるんですね。
おそらく私も昔感じた金持ちたちの行動と似たようなものになっているんだろうなあ。
私のことを嫌いになる人もいるだろうなぁ、と思いながらも、止められずガンガン仕事を進めていきます。

準備する時間も何もない。だからこそ早く進めるし、進ませる。矛盾しているけれども仕事を増やしたほうが仕事が多く早くいいものができがちですね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー