大家2年目の会

会社

法人化のタイミングはある程度の戸数をもってからがよいか?

不動産投資をする上で法人化をするタイミングはある程度の戸数をもってからがよい…と一般的には言われていたりもしましたが、現在の環境的な理由から我々は早い段階から、できることなら新規に取組みを始める時から法人として進めることをオススメしています。

法人化をするにあたってはそもそもの登記費用が掛かったり、法人を持てばその維持費、例えば決算書の作成、そして法人税と、法人を持つだけで発生する費用があります。出ていくお金の方だけに着目すると法人化という選択をせず、個人名義で着手することにメリットがあるのは明確です。

しかし、将来的に規模を増やすことを目指されるのであれば、出ていくお金だけに着目するだけでなく、出ていくことを抑えることができるお金、さらに言うならば複数年で抑えることができるお金にも着目するべきです。

その代表は税金です。法人となると法人税と言う形で出ていくお金が増える局面がありますが、逆に法人だからこそ税金を抑えることができるポイントもあります。そこをしっかりと活用すると法人化はメリットの方が十分に上回ってきます。

当然、脱税や法に触れる方法を使うのではなく「真っ当なやり方」を通してメリットを得ていくことができます。

それと同じく「真っ当なやり方」は税のことだけではなく大家業を事業として捉え経営を行うということ…いつも無料セミナーなどでお話しする内容にも共通するところです。そんなやり方をしておかないと一時の儲け、快楽的なことならまだしも、先まで継続する将来的な利益を得ることは難しいことだと直感的にも感じるところです。

そんな我々の不動産大家業としての取組み方に魅力を感じて頂けるのであれば、ぜひとも我々と一緒に取組みを始めていただければと思います。


このページのトップへ戻る

メニュー