大家2年目の会

会社

日本人がビジネスで輝く時代

今日はスタッフの誕生日、ということでお祝い、というわけでもなく、かなり進展があった一日を過ごしました。
この3か月、組織の急拡大と、組織内部の体制の変更と、内部統制の構築と、やったことないこと、やりたくないこと、やらなければいけないこと、が一気に集中して続きました。さらにいうなら風災害も下請け関連にも広がり、もうほんと大変でした。
いい報告がほとんどできない状況って悲しい。そういうなかでもスタッフはあきらめずに、たくさんのやらなければいけないことを自分たちの頭で考えて、着実に歩を進めてくれました。私も懸命に体を張っていろいろと動いてきたつもりですし、外部との連携を必死で取りに行っていました。

10月に入り、穏やかな気候となり、たくさんの体制が整いつつある状況で、必死で巻いてきた将来の種が、萌芽します。
まずはこれまでたくさんの心配をかけていたトラベルハウス関連の事業主様たちに、感謝と今後の成長戦略とを伝え、全国ブランドへと駆け上がるための、ツールを複数提案する予定です。たくさんの成長エンジンを創ったので、ほんと最初は何のメリットもなく、お金と時間だけがぼこぼこ出ていくので資金コントロールを意識していやっていましたが、これからは流入期をつくれるかなぁと感じています。

続いて、弊社のメディア戦略も、日本と韓国と中国とで展開していけると思います。ちゃんとグローバル化して、会社の10年後、20年後の体制を構築し、次世代や次々世代へとつながる仕組みを創ろうと思っています。その核となるのは、人材、でこれからは世界で日本人がビジネスで輝く時代を創れれば、うれしいなぁと思います。

今求められる最低限度の仕組みづくりが出来上がり、キャッシュ体制の安定向上化が見込まれること。
次世代に続く、インフラ投資の契約が成立したこと。
目先のこと、中長期的なこと、が同時にかなえられた一日でした。

3か月苦しかったなぁ。しかし苦難を乗り越えると、いいこと目白押しですね~


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー