大家2年目の会

会社

この能力は後天的なもの

弊社はいつの間にか製造業に参入していました。工場を取得していることはお伝えしていましたが、オペレーションを自社でやる気は正直ありませんでした。が、度重なるトラブルを経験し、頭を製造のプロセスや構成の方に集中させると、どう考えてもこうしたほうがいいのに、とか、なんでこれを一気にやらないんだ?とかどうしてそんなにゆっくりするんだ?
とか色々と疑問が浮かんでくる。でもそれを任せたのでいうわけにはいかない。というジレンマで、色々と決断した結果、自社でやる、ということになりました。やるとまぁそれはそれでいっぱい時間を割かないといけないわけですが、大型工作と考えて取り組めば楽しく簡単に考えられる。

ただし図面引きだけは計算が必要になるので、簡単に仕上げることはできますが、簡単には落とし込みはできない。そういう経験を久々にやっています。

私は理系じゃないから、と考えを放棄する人もいれば、一生懸命考えてでも答えが何も出ない人もいて、その違いは、責任感のあるなしと、知識や経験のあるなしと、知識や経験の引っ張り出し方や応用の仕方があるのかないのか、で行動が違います。

私は責任感と知識だけで、色々とその場その場で発生する未知のことを調べて問題を解決して次々処理していきますが、ほとんどの人はできないみたい。できないと諦めている、ということが多いかな。残念ですが。

でもこの能力は後天的なものだと私は思います。誰もが責任感とあくなき興味や好奇心を抱き、日々成長をしようと決めたなら不可能はないと思います。ただし全ては考え抜く体力というものが必要で、単純に体の体力も必要になるし頭脳の体力も必要になります。

健全な魂健全な体に宿ると言います。その通りだなぁと思うわけで、体を鍛えることはオススメです。私の場合は、ジムが続かないので工場で作業を捨て思いっきり歩いてますので、足とお尻がどんどんスリムに。

行動をすると痩せるろいう副次的効果も今のところはゲットです。仕事をどう捉えるかで、表現方法が変わり人生が変わるんでしょうね。前向きな言葉に置き換えて、進めれるように自分に燃料を注いで行ってください。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー