大家2年目の会

会社

誰も着手していないような隙間のチャンス

人の人生には色々なプロセスあるしどういう人生が幸せかは自分が決めることで、とやかくいうことはないですが、私の生き方は確実にクワドラントBになっており、チャンス追求とシード発掘・インキュベート、という役割が私が今やっていることの1つだと思います。

チャンス追求型と書きましたけども私がやっているチャンス追求は、ブルーオーシャンの発掘に徹底していて、決して「有名企業や大企業の社員になる」とか「いい不動産のみを追求する」という思考ではないですね。

誰もが気づいていそうで、誰も着手していないような隙間のチャンスをひたすらに発掘していき、色々な会社や人を巻き込み、スピード感を持ってビジネスを立ち上げてポジショニングを取り、どんどんと関連する仕事を広げる、ということをやっています。

これができる人はおそらく一生このような仕事をするのでしょう。私はうまくいけば、ずっとこういう仕事をしてるでしょうね。忙し楽しいので。逆に私は今どうしてこんなにチャンスを追求できるようになっているのかなぁとかんがえると、そういう生き方をしてきたけれど、うまく行かなかった人が周りに多くてそういう先輩が色々と導いてくれている、と感じることが多々あります。

やはり先人たちの教えに従い、自分の頭で考えて今のビジネス環境に合うのか、序文のステージに合うのか、を色々考えて着手していくとうまく行かせられる確率は高まると思います。

そういう生き方じゃない人はさぁリタイアした後何をするのが正解なんでしょうね。
私には見えない未来です。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー