大家2年目の会

会社

ついに大型の提携を結びました

ついに大型の提携を結びました。まだ口外はできませんが、うちの事業の一つが思いっきり売り上げを伸ばしていきます。不動産も一発当たりの単価は大きいのですが、弊社はデベロッパーにはなっていないので、不動産を売ったとしても3億円未満が関の山の金額です。それをはるかに超える金額の受注が、できたこと。これはなかなか感動しますね。単純にお金の話だし、金額の話なので、所詮はみずもので、それを超えていくことが大事なのですが、過去最高額を一度に決めれると、ちょっと営業マン武智としては誇らしげに思います。といっても全然営業はしていないんですけれども。相手様から欲しくなるように、一生懸命マーケティングを実施してきただけですが。

そういう人から欲しくさせる、という感情の誘導を最近意図せずしてできてきているように思います。それもこれも、おそらくは人から受けた恩を何倍にも返そうと、自分の枠の範囲以上の責任と行動をもってして、必死に相手のために役立とうとしている姿勢から、生じてきている現象の一つなのではないかなぁと思います。

相手の気持ちがわからないと、どうやって恩を返せばいいのかがわからない。だからそのために一生懸命相手を知ろうとして、自分が売りたいものじゃなくても売るし、自分が買いたいものじゃなくても買います。どこかできっと役に立つから。そういう人とだけ付き合っていると思っているから。

まぁ裏切られたら裏切られたで構いません。そんなの慣れっこ。っていえばうそになりますが、精神的にはこたえますが、乗り越えていかないといけないハードルの一つであります。そういうことが連続して生じていて、一つずつか一気にというか、めちゃくちゃな動きをして乗り越えていたりします。その結果が過去最高売上となった、といえるのだろうなぁと思います。来年はもっと大きい商いを一発でできそうですしね。
楽しみです。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー