大家2年目の会

会社

組織構築とは

組織を構築するためのプロセスの大変さを味わっています。コンサルティングを受けて、実施していっていますが、びっくりしました。2分で眠くなった。組織構築とは経済的発展のためではなくて、リスクヘッジの鬼になるということが今のところの要素では第1の目的何だとわかりました。次いで、情報把握のスムースさ。リスクヘッジなんて今までほとんど考えず、突っ込んできて、ほじくってチャンスをものにしてきたものですから、リスクは後で埋めれるとばかりに展開してきた自分からすると、真反対の行動を今からとらないといけないわけです。ベンチャーって猪突猛進でやっていくものだとしか思ってなかった、だいぶ反省。

というわけで今からいろいろと防衛策を張っていかないといけません。組織づくりって攻めるためにあると思ってた。。。実は違いますね、イメージで言うと築城ですね。城で攻めることはできないけれど、守りはめちゃくちゃ強いものになる。防衛と備蓄をしっかりしていれば、あとはじわじわと展開していけばいい、というのが組織戦略の構図なんですね。

歴史を知ると築城、防衛、が強い国ほど激戦を生き抜いたうえで長生きしていますしね。日本なら江戸幕府、中国なら秦朝、清、とても守りがうまかった。その前に攻めもうまかった。そうやって組織というものは作っていくんでしょうね。

つらいわ。。。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー