大家2年目の会

会社

知識と経験と失敗

また新しい経営者との出会いがありました。今度はちょっと変わっていて、雇われ社長さんです。ですが私より5歳ほど若い。業績立て直しのために赴任してきたみたいでして、おそらくものすごい考えて、行動を起こされる慎重な感じがする、将来性の高い人だと感じました。久しぶりに私より若い経営者の方にお会いできて、非常にうれしくて、かなりざっくばらんに弊社の戦略や行動基準、チャンス発掘方法、視点のずらし、などやれる限りのことをやってきたつもりの私の知りうる限りのすべての営業経営手法を端的にお伝えしてきました。

弊社の戦略はこのブログとかでもかたってしまっているので、正直だだもれです。隠さない戦略、を貫いております。もしまねされてもかまわないのです。まねされる間にまねできないレベルのことを多種にわたりやる、という気概を持っているから。全てはスピードを重要取り組み課題として、そのあとにクオリティやコストといったものを位置付けています。そして何より大事なことが、失敗の経験を多く積み、その修正のスピードを高めるための、対応策の構築のための、地頭の良さを鍛えたり、知識を増やしたり、ネットワークを拡大したりといった、スキルやノウハウの向上なのです。

マクドナルドの創業者、レイクロックの信条と一緒です。
ファーストリテイリング柳井社長とも一緒でしょう。

彼らはともに地頭がよく、知識と経験があり、失敗を多数重ねてきた経験を持ち、スピードで圧倒する行動を誇っています。

うまくいく人いかない人。それを決めるのは年齢とかではないのですが、若いうちからそういう経験が多数積まれている方は、本当に幸せですね。当の本人は地獄みたいな不幸を味わっている感じがするでしょうけれど。

冒頭の経営者の方の話に戻しますが、彼の話を聞いて、ついぞ昔の自分を見ているようで、応援したくなるのは、やはり私が年老いたからなのだろうなぁ、と思いました。皆さんも若いと思います。もっともっと自由に生きてみてはいかがでしょうか。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー