大家2年目の会

会社

花が咲く日を楽しみに

自分の視野を狭める行動と思考を今はしています。これって私にとっては非常にストレスですね。ヤフーニュースに関心がいかないし、いろんな情報に興味がない。弊社のビジネスの裾やを広げるために取り組んできたこの3年、石の上にも三年の要素もやりながら、羽ばたくための精一杯のリスクテイクもしながら、限界以上に挑んでいます。といっても私の悪いところはそれを多くの仲間と共有できていないことですが、これからみんなに少しずつ変わっていってもらうとします。

もう広げるだけ広げた事業を手掛けているので、今後はそれらの事業からしっかりとマネタイズをしていかないといけないわけで、マネタイズする行動にシフトしています。そのためには自分の視野を狙いをすました顧客だけに集中して、取り組んでいくことが大事かなぁと感じていますので、わざと視野狭窄をしております。これが今までの私の行動とは全く逆の行動になるので、難しい。

同じことだけしていたらいい仕事の人じゃなく、あれもこれも攻めも守りも、いろいろとやらないといけない。これは生産性が悪いなぁとは思っているが人的リソースが足りないので、何とかするしかない。そのためにもとにかく儲けることが大事ですね。キャッシュイズキング、頑張ってお金を創り出します。全然貯める気はないので、循環していくと思いますし、循環すると人が集まってくるので、また良い環境が創れるようになるでしょうね。その花が咲く日を楽しみにして、さぁ工場作業してきます。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー