大家2年目の会

会社

クワドラントチェンジを意図的に

工場のライン作業に自ら入っています。面白いくらいに、時間があっという間に過ぎていきます。組みあがっていく製品を自ら作る楽しみは、確実にありますね。しかもうちの製品大きいし。でも悲しいかな全然パソコンに向かう気力がございません。典型的Eゾーンの仕事をしていると、もう発信する気力が出てきませんね。これはあかんわ。。。

体が疲れているわけではなくて、なんだかやる気が起きない。でも仕事は楽しいな。このバランスが人間を楽に楽にするほうに誘導していきますね。楽になれば今の給料は確保できて、楽しい仕事を楽しい仲間たちでできて幸せですが、未来は発展しないな。
じゃぁ厳しく律して、未来ある道を創りたいなぁと感じても、これはこれでめちゃしんどいぞ、となってくる。

E⇒S⇒B⇒Iと進むしか人生の成り上がりの道はないので、クワドラントチェンジを意図的に起こしていかないといけない。まずEをやっていて、それをSクラスに早くできるように持っていく。その次にはSをBにするためには組織を作らないといけないので、アウトプットをいっぱいしていく。つまりは自分のやっている仕事を無くせるくらいのマニュアル化とルール化をしていく。そして人を育てる。
ついで、Bの仕事へ、と移っていく、というのが大事ですね。

そう考えると今の日本の大企業はしっかり成し遂げればそのルートにはなっているわけですが、なんせ上に行くためのパイが小さいのが難点ですね。むずいなぁ。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー