大家2年目の会

会社

考えても答えが出ない

効率的な働き方を模索して、考えて答えが出ない、と言う現象に直面してます。工場での作業を効率化するためには、みんなの知恵と行動量を借りないといけんくぃのですが、それをするためにはみんなの作業を止めて会議をして合意をとるという非合理的なことをしないといけない。それで答えが出るのか、答えが出てもすぐにやれるのか、など課題や悩みが延々尽きません。だから1人で考えるのだけれど、それではぜんぜんすすまない。

だから仕事の止め時を模索してるけど納期に追われて止めれない。という悪循環スパイラル。ほんと余裕がないです。何をやってもうまくいかない時ってこう言う時やなぁ。悲しくなってくる。超長時間労働をしているけども改善しない。これはみんなのためにもよくはないんだけど、すぐに即効性にあるものしか人間って評価できないのが悲しいね。

弊社もそういう人の問題、効率性の問題、収益の問題、キャッシュフローの問題、などなどたくさんの問題に対峙するフェーズに入りました。

難しすぎる。組織構築って。頭がいたいです。まぁやり遂げますけども、心折れぬ限り。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー