大家2年目の会

会社

未来を向いて歩んでいきたい

弊社主催の忘年会をさせていただきました。去年よりも華々しい忘年会でした。
開催している自分が言うのもなんですが、でかい。前でスピーチしてくださったゲストの方をみて、
緊張するだろうなぁ、とかすごいなぁ堂々としてる、と感動したりしていました。
自分の結婚式の4倍くらい大きかったのではないかなぁと思います。実際お金もかなりかかってますけどね。みんなが喜んでくれたらそれでいいや。

弊社の忘年会はお客様は基本的に呼びません。顧客を除くステークホルダーが忘年会では主役です。顧客は今後のサービスや商品で満足させるのが大事であり、忘年会とかそういうものでねぎらうものではない、と思っています。忘年会はいつも無理難題に応えてくれている仲間をねぎらうためにするもの、という考え方が私にはあります。会社や経営者によって考え方はいろいろあるとは思いますが、まずは事業を継続的に安定発展させてくれる仲間を大事にして、そこから顧客満足を追求していくという姿勢が大事だと思います。

自分にかかわるすべての人が幸せになるように、できることをしていきたい。そして一緒に未来を向いて歩んでいってもらいたい。忘年会は望年会、となるように、当期から始まっている3ヵ年経営計画も発表させていただきました。いまだかつてないストレッチな業績目標を会場にいたみんなの力を借りて、展開していきます。

発表では大勢の人を前にして、話せる幸せをかみしめて、決意の3年を歩もうと思います。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー