大家2年目の会

会社

Nowhere Man

ある日の帰宅ドライブ、BGMはビートルズのNowhere Man
この曲、若い頃から好きなんです。
ちょっと寂しい曲調とか、”ひとりぼっちのあいつ”って邦題とか、若い頃は根が暗かったので、妙に好みに合ったんですよ…。

けれども今聞くと別の意味でいろいろと響くところが歌詞の中にありました。

訳詞を書くのも野暮ったいので原文のみでご紹介します。

♪Nowhere Man, please listen
You don’t know what you’re missing
Nowhere Man, the world is at your command

これ、”主体性を発揮する”ことを勧めている、でも”そうするべきだということは自分だけでは気づきにくい”と言う感じですかね…。

♪He’s a real nowhere man
Sitting in his nowhere land
Making all his nowhere plans for nobody

こちらは、利他の心得、利する相手は特定する必要はないのかも…とか。

♪Nowhere Man, don’t worry
Take your time, don’t hurry
Leave it all till somebody else lends you a hand

結局はその時が来れば助けてくれる人が現れる。
何をするかではなく誰とするか、自分の意思が変われば付き合う人が変わり、環境が変わる。それも自分の意思に沿って世界は回る…みたいな。

作詞は実質ジョン・レノンです。
深いですね。他の曲の詩もなかなか解釈が難しいものもありますが、自分の現状や考え方、歳?とともに感じることも変わってくるものなんですね。

現実社会を生きていくためにはビジネス書などリアルな物がダイレクトに活用しやすいはずです。けれどもマインドの部分はいろいろなところにいろいろなヒントがあるもんだなと気づかせてくれたビートルズの曲でした。

流行りものはあまり聴きませんが、オススメの曲がありましたら教えて頂けたらと思います。


このページのトップへ戻る

メニュー