大家2年目の会

会社

目立つことの有用性は多種多様です

自分が目立つことの有用性は多種多様です。

特にあなたが目立つとあなたが所有している不動産にもその影響は及びます。たとえば、東京R不動産という会社をサイトをご存知でしょうか。この会社は不動産業界においては圧倒的にブランド力が高いのです。正直、リフォームの技術やデザインの技術などは、いまさら感がありますが、当初はかなり斬新的で、さらにその会社の不動産を買うには、普通の不動産会社じゃ買えない、もしくは借りるにしても東京R不動産のサイトじゃないと借りれない、うえにさらに条件も厳しかったりして、圧倒的売り手市場で戦えています。立地もくそ田舎だったりと、正直私からすると住みたくないなぁ、所有したくないなぁというかんじですが、圧倒的ブランド力を保有しているので、売れていくし借りられていきます。
私が保有自社管理している物件も、リフォーム力を売りとして提案していますから案内があればほぼ決まっています。立ち会う事とかもせず、売るときも正直決済の時に初めまして~のレベルです。それでも売れますし、借りられます。ただ、残念ながらブランド力はまだ低いので割高には貸せないし、めちゃくちゃ高く売ることはできていません。収益が悪いわけじゃないけれど、めちゃくちゃ高いというわけでもない、という上の下くらいの収益力で。それでも普通の地主さんや大家さんよりは圧倒的に有利に収益化はできているのではないかなぁと思います。

他にも目立つことの有用性はあるのですが、不動産大家業をいとなむとするのなら、目立つことは、少なくとも私のような経済的メリットは得られると思いますね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー