大家2年目の会

利回り

空室という問題をどう解決していくか

大家2年目の会のメンバーが新聞に載るかもしれないチャンスです。しかもクワドラントBとして。社会問題化していく空室という問題を着実に埋めて、なおかつオーナーに収益をもたらすような仕組みを今着々と実践していっています。構築していっています。
それを見ている人は多くいまして、一緒に取り組んでいる仲間だけじゃなくて、ステークホルダーも多く見てくれている。そういうメンバーからの強いプッシュで、メンバーの姿勢を高く評価されているような感じです。本当にうまくいけば、日経新聞に載れるんじゃないか。

今までサラリーマンとして黙々と働いてきた時間と、クワドラントBとしてのビジネスオーナーとして取り組む時間。圧倒的に後者の方が普通の人は短いわけですが、時間密度は圧倒的に後者の方が高い。そして密度がある程度のレベルを超えると、急に注目を浴びるわけです。決してアイデアは大したことじゃないかもしれないけれど、人が問題だとおもっているけども放置していることに愚直に取り組むことは、誰もができることでは無い。そういうことに黙々と取り組まれているメンバーが大家2年目の会から生まれる、というのは本当にうれしかったりします。まだまだ社会から必要とされる仕事をクリエイトしている集団として、大家2年目の会は熱く、不動産賃貸業を推し進めて行きます。

やっぱりすごいわ、不動産って。ちゃんと活用しましょうね。皆さん。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー