大家2年目の会

利回り

融資の提案

弊社の与信ステージが確実に上がったようで、どんどん融資の提案に来られます。
不動産も当然ですがセットでお持ちになられる。すごいですよ、今。不動産業者が持っている処理物件もさることながら、普通に相続物件とかがわーーーっと出てきているようで、信託銀行大忙しみたいです。
メガバンク、地銀、信金、信組、ともにファイナンスをする先がかなり減っているようで競争がすごい。弊社もついに調達金利が、どえらいことになってきました。金融機関の方もこのブログかなり見てくれているようで、書くと問題があるかもしれないので書きませんが、皆さん想像してくださいませ。どえらい、です。

お金に色はない、ということはよく言われますが、金融機関担当者って本当に難しい仕事をしていると思います。金利というものは顕著に差がつくからです。どうやって借りてもらうのか、ということを考えると、本当にいろいろ工夫をしなければいけませんね。

弊社に多いのはやはり、物件付属のファイナンス、という感じが多いかな。となると地銀、メガバンク、が有利な点は否めません。彼らの多くは関係会社に不動産会社を持っていたりするからです。お金以外に、情報という武器を一緒に提案できることができるかどうかが、金融機関担当者としては腕の見せ所かもしれません。

私が金融機関担当者だったらどういうことをするかなぁ、といろいろ考えて、自社への提案方法を考える、というのは面白い顧客視点でいいですよ。

私たちはファイナンスありきの仕事をしていますので、いかに金融機関さんに味方になってもらうか。そのために自分たちがとるべき行動は何か、そういうことを考えておくと、非常にお得な人生を歩めるのではないかなぁと思います。決して独りよがりにならず、仲間に相談してみることをお勧めします。大家2年目の会ではそういう相談相手としてふさわしいメンターがたくさんいると思いますから。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー