大家2年目の会

大家

応援したい!

不労所得への近道は間違いなく、不動産大家業であると私はあらためて痛感しております。というのも、大家2年目の会を始めてから、たくさんの投資家希望の方とお会いしてきて、色々な不動産投資のいい面や、悪い面というものを観させていただくことができました。いい面がある方も、悪い面がある方もそれぞれ、同じように悩んでいたりするわけですがそれぞれのステージにおいて、取り組み方が違うので、苦労を一緒に分かち合っている感じです。

ですが、誰と話しても、結果行き着くところは、不労所得を得る、ということの目標は変わらないわけで、その目標がぶれなければ絶対にあきらめないので、到達可能であると私はおもうわけです。

一方で不労所得を得て、サラリーマンの方の高年収部類よりも収入が多くなると一体どうなるのか、ということをお聞きすると、「あぁこの方は目標とする不労所得を必ず達成するだろうなぁ」と感じる答えがあります。

これはどれだけ練習して言おうとも、結構簡単にみ抜けてしまうので語彙が重要だ、ということではありませんが、共通する内容は「より良い仕事をしたい」「社会のためにより良い環境を創りたい」という感じのことです。これが独善的ではなく、人を非難したり傷つけたりするわけでもなく、すっと表現されていることがおおくて、気持ちがよくなります。こういう方はきっと自分が思い描いた未来に到達できるだろうなぁ、と感じます。それは私が応援したい!と思うからですね。私がそうなら他の人のうちの幾人かはそう思うだろう、とも思うので。

自分の理想の未来をかなえる方は、決して自分のためだけのために生きて行こうとするのではなくて、よりよい社会づくりを意識されている、と感じることが多いです。そういう方たちとより多く触れたい、と思うので、自身もより一層成長させて、社会の役に立たないといけないなぁと思う次第です。そういう大家2年目の会の仲間のためにも、早く今の物件をより良いものに創って、お渡ししていきたいなぁと思います。安定した不労所得が、そういう方の未来の実現に必ず役に立つだろうから。頑張るモチベーションになりますね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー