大家2年目の会

大家

会話するときに抑えておくべき条件

外部の方とお話しする機会が増えてます。
始めてお会いする方である場合、お互いに持っている知識レベルが違うので、まずはお互いい使う言葉とその意味を合わせる必要があります。
ここがずれると会話していても同じ話をしていても全然通じない状況になってしまいます。
この辺り、私は思い込みが強い所があるので気を付けて進めていかねばと思っているところです。

不動産投資をする際にも同様に人それぞれで言葉と意味が変わるキーワードがあります。
・手残り
・キャッシュフローが出る
・資産価値が高い
等々、お互いに条件を合わさないとよくわからない言葉があります。
手残り、とはどこまでを除外したものを言うのか
家賃からローン返済を引いた額
家賃からローン返済、経費を引いた額
家賃からローン返済、経費、税金を引いた額
同様にキャッシュフローが出るというのもどこまでを除外したものか。
資産価値と言う言葉は特にそうですね。

価値というのはひとそれぞれです。

物件価格に対して家賃が高いところに価値を見出す方もいれば、過去一年間で空室が出ていないこと(満室であること)に価値を見出さいている方もいらっしゃいます。

改めて講師としてみなさんとお話しする際には言葉を定義して進める必要があるなと感じた時でした。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー