大家2年目の会

大家

他業種さんのお話を聞いて思うこと

家に来る食材宅配業者の方とお話しました。
唐突に新しい会員さんを紹介してほしいとのお話があった為、理由を聞いたところ、今、食材宅配業者の業績は厳しいそうです。

理由は、西友やイオン等スーパーマーケットが配送を始めた為とのことでした。

元々、スーパーマーケットがお客様に来てもらう形で、配達しない所に対して配達という付加価値でものを売っていた。
だから若干割高でも顧客受け入れられていた面があります。

そこに最近他のスーパーマーケットが〇〇円以上で配送無料というサービスを始めたことで厳しくなっているとのことでした。

食材宅配業者さんのカタログを見ておりますと、食材以外の日本製のものが沢山お取り扱いがあります。
例えば日本製のキッチン用品であったり、ガーデン用のはさみであったりなどです。
これは利益率がよく、また日本製にこだわりのある60代オーバーの方々に好評のようです。

しかし、これがいつまでも続くわけはなく、御新規さんを紹介してほしいとのことでした。

正直紹介した所で既にご本人言われた通り、30代、40代には訴求できるサービスが無い状況です。
おそらく入られる方はいらっしゃらないのかなと思います。

不動産でもよく空室が出た際にこういう光景を見かけます。
空室が出た際に管理会社の方にうちの部屋を優先的に進めてくれ、とにかく進めてくれとお願いされる方がたまにいらっしゃります。
ですが、そう言った所で、その部屋自身に魅力がなければ、優先的に進めた所で入居は決まりません。
しっかりと顧客から選んでもらえるよう、日ごろから準備をしておく必要があると思います。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー