大家2年目の会

大家

やりたいことを決めた時、どこに目標、ゴールを置くか

ビジネスの立ち上げのお話の第二弾です。

やりたい事が決まったら、まずは目標やゴールを立てるのが大事だと以前ブログに書きました。
立てられましたら今一度、その目標、ゴールを目指すのに本当に今やりたいと思っているビシネスが妥当なのか?
という点を確認してください。

結構、その目標を達成することを意識するあまり、やりたくないことをやることになったりもします。

不動産投資で例えるならば、前者は、月数万円好きに使える額が欲しい。それを不動産投資で達成したい。
と不動産投資がやりたいことで、その不動産投資で月数万を達成したい。と目標を立てたと思います。
でも、借金は正直怖い。
こう言う方には正直あまり不動産投資はお勧めできません。

なぜかというと、不動産は経年劣化します。

維持管理をきちんと行わなければどんどん価値が下がり、当初月数万円が使えていたのに数年後には一切手元にお金が残らない可能性があります。
維持管理の為に借金が必要になったりすることもありますし、月数万円を維持する為に更にもう一棟購入することになるかもしれません。
そうなった場合、月数万円は維持でき、目標は達成しているけど借金が怖くて生きた心地がしない。
何の為に不動産投資をしているのだろう。
といった心境になります。

きちんと目標とやりたいことが合致した上で進めていきたいですね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー