大家2年目の会

大家

相乗効果を発揮する

7つの習慣をはじめ、相乗効果を得るためにいろいろな形で様々なことが語られていますが、実際に行動の中で実現することはなかなか難しいと私は実感として思っています。
他の誰かとプロジェクトに共に取り組むことでお互いの足らない部分を補完しあって、事を進めることができる、良い結果を得ることができる。そんなことを相乗効果のイメージとして持っていましたが、そんなきれいなパターンにハマることはそうそう無いような気がしていました。

しかし、そんなに大袈裟なことではなくもっと簡単な相乗効果の得かたがあると思うのです。

その1つは相談をすること。相談相手には同じ課題や悩みを持った人を選ぶ。なぜならそうすることで相談相手も当事者の意識で意見がなされるから。同じ悩みを持った者と言えど、お互い個性はあるので相違点は必ずあります。それが相乗効果を発揮する糸口になり、早道だと感じています。

とくに1人では進まないようなことについて、1対1の打合せがいちばん効果が出ると思います。それは自ずとお互いフルに話に加わるし、無駄が起こらない。フルに話に加わると言うことは、その人の考えの深い部分まで表に出てくることが期待できる、そんなメリットもあるかと思います。

大家2年目の会はそんな仲間が集まる場所です。同じく収益不動産に興味を持ち、取り組みを進めようとしている方々が集まっています。話をするだけで相乗効果が得られるかもしれません。それはあなただけのメリットではなく、相手のメリットにもなりますし、ひいては会全体のメンバーのメリットにも広がります。

そんな刺激を受けたい方に我々は門戸を開いています。


このページのトップへ戻る

メニュー