大家2年目の会

大家

常に相手に配慮する

トラベルハウスの淡路島でのイベントにてトラベルハウスチームの皆さんの動きを拝見して、改めて驚かされました。
皆さん、ちょっとした気遣い、配慮がすごかったです。
困っていそうな方がいれば、すぐにお声掛けされていますし、
常に楽しくお話をされていました。
当たり前のことではありますが、それが続けることが出来るのがすごいです。

こういう些細な気遣いができるから、些細な運を掴み、
些細な運を掴むから大きな運も掴むんだろうなと感じます。

不動産でも購入前は不動産業者さんと調整があったり、金融機関の方と融資の相談があったりします。

購入後も入居付けで管理会社さんと調整があり、退去時の修繕、リフォームでは建築業者さんにお願いすることになります。

そういう配慮、気遣いが無い場合は、不動産業者さんが価格交渉に乗り気になってくれなかったり、
金融機関さんがなかなか思った条件で融資してくれなかったりします。
管理会社さんからも退去後の客付け時になんとなく腰が重そうだったり、
建築業者さんもリフォーム時に相談にのってくれず、無機質な対応となってしまいます。

どこをとっても人とやり取りが必要になります。

自分のことも大事ですが、まずは相手を気遣う配慮が無ければ、Win-Winの関係にはなりえません。

無料セミナーでもお話していますが、不動産投資での市場のリスクは○○〇がいなくなることです。

改めて不動産投資をする目的、というのを考える機会となりました。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー