大家2年目の会

大家

目的をぶれさせない為に必要なこと

皆さん、仕事をする上で良いものを取り入れたり、悪いと思ったものを除外する為に取捨選択が出来ますか?
仕事をする上で良いなあと思うことはどんどん取り入れていきたい所です。

ただ、気を付けないと良いところどりが止まらなくなり、いろいろと取り入れていった結果、やることが増えてしまい、なにもできない状況に陥ってしまったりすることもあります。

なぜそんなことが起こるのか、要因の一つにはセルフイメージをしっかり持っていないことがあるのかもしれません。

まず、

 どうなりたいか、どうありたいか

を自分としてどこまで認識しているかです。

この辺りが決まっていないが為に明確な基準が存在しなく、とにかく良いものに飛びついてしまうと先ほどのような状況に陥ります。

逆に仕事が出来る人は、このセルフイメージをしっかり持っており、自分の仕事の進め方に取り入れたり、ビジネスプランの修正をする際にも取り込むのも早いですし、その条件は除外しちゃダメでしょ。と周りが思うものでも平然と即座に除外してしまったりします。

不動産投資をされている方でも同じことです。
セルフイメージを持っている人は、購入する不動産の条件にもぶれがありません。
明確な目標がある為、不動産をとにかく買いたい!となったりもしません。
セルフイメージを持っていない人はあれもこれもとテクニックを取り入れた結果、物件購入時に色々と条件を追加していきます。

その結果、そんな物件どこにあるの?となってしまい、物件が見つからなくなってしまします。

買える物件がないとわかると今度はどんどん妥協していき、利回りだけを追い求めてしまいます。

行動がどんどんぶれていきますね。

物事を進める際に、まずは、どうするべきか、どうあるべきかをイメージした上でぶれずに進めていくことが大事です。

皆さんも思い当たることがあれば、立ちかえってみて下さい。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー