大家2年目の会

大家

規模を大きくする

ビジネスを進める際、はじめは小さく始めてなるべく早く大きくしていく必要があります。
規模が小さい状態では、得られる収入も少ない為、オペレーションを自分で行わないとなかなか収支の合わない状況になります。
そこで、なるべく早く規模を大きくすることで得られる収入が多くなり、結果、早期にいろいろな人にお願いすることが出来る状況になります。

ビジネスで考えると皆さんご理解されているかと思いますが、不動産投資となるとどうしても小さい規模で良いと考える方が多くいらっしゃる印象です。
もちろん、節税目的であったりした場合、その考えも有りかと思いますし、管理会社がしたいので自分で不動産を持ち、自分で入居付け、クレーム対応、退去対応がしたい。また、DIYがしたかったから不動産を持って退去した後、自分なりの部屋にリフォームする。という様なことであれば、それは勤労所得を目的として不動産投資を行われているので、ご自身でまかなえる規模で行われれば良いかと思います。
ですが、不労所得を得ようと思って始めたけど、規模が小さいが為に手元にキャッシュが残らず、さらには空室が発生した際に収益が悪化してしまい、なかなか家賃収入が安定しない為に自分で物件を管理する、DIYでリフォームをする、といったことをやるのであれば、それはもう本末転倒です。
不労所得として、不動産投資を考えられた場合はビジネス同様に規模は大きくした方がより安定して行えるかと思います。
とはいっても「今のサラリーマンの収入に不安がある」等の場合で年収と同じくらいの額が欲しいとなる場合もあります。
その場合はその不動産投資が勤労所得で行うことになるのか、それとも不労所得で行えるのか、そこはしっかりと意識された方が良いです。
が、やはり入り口が年収と同じくらいであったとしてもやはり安定的に収入を得る為には、規模は大きくした方がよいかと思います。

不労所得は手に入れたいけど、規模を大きくするのは怖いという方、その怖さの原因、ぜひ無料セミナーで一度お話して解明しませんか?


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー