大家2年目の会

大家

空室になったらどうするか

今多くの大家2年目の会のメンバーが不動産大家業に関する付随するビジネスをたくさん立ち上げて行ってくれています。おおよそうまくいくはずです。なぜならメンバーがそのビジネスをまず買ってくれるから。もちろん私も買います。
だから奇をてらったことをしなくても、大丈夫。必要なことを競合よりも安くクオリティを高く、やればいいだけなので。あとはタイミングが合えば結構売れていくと思います。
こういう感じで不動産大家業に関する付帯ビジネスがどんどん仲間内で充実していくと、かなり無敵に近くなっていきますね。もはや大家2年目の会のメンバーが保有するアパートやマンションに、もしかりに空室があったとすると、それはそれで別の収益を生むために使う、ということもできますので、空室がうれしかったりもします。残念なことに、いま新規で預かった物件以外満室ですので、テストがあまりできなかったりするので、物件買って増やしていきます。無理くり物件を買ってもまでテストしていく理由はどこにあるのか?
普通から考えるとありえない行動ですが、私はそういう行動をとります。だって、「今は満室でもいずれは空室が来るかもしれない」って考えておくこと、そしてそのいずれ来るかもしれないリスクに対して対策を取っておかないといけない、と思っているから。それが経営者の仕事。
リスクが来てから対応してると色々間に合わなかったりするので、リスクが無いうちに許容できるうちにリスク対策。これ本当にお勧めですよ。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー